カフェイン

 

私は仕事上、夜勤やどうしても頑張らなくてはいけない時には、
エナジードリンクを飲むことがあります。

 

そう、ここ!というときは、やはり
”エナジードリンク!”を買って飲んでいます。

 

エナジードリンクを飲み出したきっかけは、
娘に教えてもらいました。

娘もよくテスト前なんかは、
エナジードリンクを飲んで徹夜もしばしば…

テストが続くと、
立て続けにエナジードリンクを飲んでいました。

そうなってくると親としては、
ちょっと、そんなに飲んで大丈夫?と思てしまいます。

 

 

カラダにエネルギーを与えてくれるのは、
有り難いのですが!!

 

副作用…💧心配です。気になりました。

 

と思い、いろいろ調べてみると
エナジードリンクと同等の効果
よく飲んでいる”コーヒーにある!”ことがわかりました。

 

 

 

スポンサーリンク

コーヒーの飲み方と飲む時間

私は、毎日、毎朝、仕事の合間と
1日に何度もコーヒーを飲んでいます。

日によっては、
さぁ、何杯飲んだかなぁ…という日もあるぐらいです💦

飲む過ぎると、胃が悪くなるとか聞きませんか。

 

1日にコーヒーを飲む回数

例えば、200前後のマグカップでコーヒーを飲んでいるとすれば、
1日2〜3杯前後を飲用するのが適していると考えられています。

 

仕事中にコーヒーを飲む時間に適しているのは…

午前中、特に10時ごろ
ストレスホルモンの分泌量が減るため、
コーヒーを飲むのに適しているようなんです。

 

カフェインは、摂取してから30分ほどで
その効果を発揮し始めます。

そのため、昼寝の直前に(昼寝が可能な場合)
コーヒーを飲み、30分ほど仮眠をとると
スッキリ起きられるようですね。

 

 

また、午後3~4時ごろも
ストレスホルモンの分泌量が少ないといわれています。

昼寝の時間をとれない方は、
午前10時午後4時1杯ずつ
コーヒーを飲んではいかがでしょうか。

 

コーヒーの効果

 

これを意識すれば、2、3杯の摂取になります。

私は、朝起きてすぐに1杯飲みたいし
昼寝はできない職場なので、昼間は飲まないようにしてみます。

 

飲むタイミングとカフェインの効果

どうせなら、
いい効果に繋がるコーヒーの飲み方を知っていたら
カラダに悪い影響が少なくなると思います。

 

例えば、眠くなってしまうこと…をうまくコントロールできれば。

 

コーヒーを飲むと、
すぐにカフェインが体に取り込まれるわけではなく、
血中を巡り、全身へと運ばれていきます。

そこから覚醒作用が働きはじめるため、
コーヒーを口にしてから時間差があります。

 

そのため、コーヒーを飲むタイミングは、
体内にカフェインがない状態で、
眠気を感じる前に飲んでおく
のがよいと言われています。

 

 

『体内にカフェインがない状態で、コーヒーを飲む
 カフェインが血中に吸収される』

 

カフェインが効くまでの時間はどれくらい

カフェインを飲むと、一部は胃から、
残りの大部分は小腸から吸収されます。

吸収の速度は比較的早く、
口から入った45分後には99%が吸収されています。

カフェインを摂ってから血液中の濃度が最大になるまでの時間は、
条件によってばらつきがあり15分~120分かかります。

 

しかし、コーヒーの温度や
健康な人、若い人、高齢者が摂取するときは
カフェインの吸収時間が異なります。

(目安としてお考えください)

 

 

スポンサーリンク

エナドリの効果について

頑張りたいとき、疲れをとりたいときに
エナジードリンクをよく飲みます。

体力や集中力がほしい場面での味方として、
人気を集めている飲み物です。

 

 

気がつけば、ついつい飲み過ぎてしまうこと…ありませんか。

そんなエナジードリンクの作用や飲むタイミング知るだけで安心です。

 

エナジードリンクの代表的な成分は、
眠気を抑える=「カフェイン」

 

エナジードリンク

 

カフェインには覚醒作用だけでなく、
倦怠感の軽減などの作用があるとも言われています。

この特徴も、エナジードリンクの人気の理由です。

 

そんなエナジードリンクの持続時間ですが、
約5〜6時間のようです。

 

エナジードリンクを飲む最適なタイミングとしては、
カフェインを摂取して少し時間が経ってからになります。

 

勉強や重要な仕事など、ここぞ!という場面で
エナジードリンクを飲むタイミングは

「集中したいタイミングの30分ほど前」がベスト!

 

カフェインの覚醒作用がはたらくのも人それぞれですが、
エナジードリンクを飲んでからおよそ30分後だと言われています。

あらかじめ30分前に飲んでおくのがおすすめですね。

 

ここで、大事なのが…
やはりガブガブ飲みすぎるとコワイ副作用も知っておくことです。

 

軽度の症状は、

興奮状態、焦りや不安、吐き気、胸のむかつき、力が入らなくなる等です。

少しでも異変を感じたら危険です。

重度の場合は、パニック症状、手足の痙攣、過呼吸等です。

動くことも困難になってしまう可能性があるります。

 

 

飲み方と飲む時間に気をつける

コーヒーもエナジードリンクも飲み過ぎなければ、
正しい飲み方なら、

カラダに悪い影響にはなりません。

でも、どうしても飲み続けていると

『カフェインがほしい』
無意識にコーヒーに手が伸びてしまうこと…ありませんか

両方の飲み物に多く含まれている
『カフェイン』に気をつけるだけ。

コーヒーなら、大丈夫…?と思っても。

 

 

毎日大量のコーヒーを飲み続けると
”カフェイン中毒”になることがあります。

 

エナジードリンク 副作用

 

こうなってくると、頭がスッキリするという段階を超えて、
不眠や不安、せん妄、痙攣、不整脈などの症状が現れます。

 

これこそが、”カフェイン中毒”なんです。

カフェイン中毒になると、
カフェインを摂取しないと気持ち悪いといった症状を起こしてしまうのです。

 

救急搬送される方もいるくらい、非常に危ない病気なのです。

 

エナジードリンクのレッドブルにはカフェインは80g入ってます。

 

 

1日のカフェイン摂取量目安は125gです。

 

となると、エナジードリンクは、

1日1本までの目安として摂取量には気をつけてください!

 

 

これからは、エナジードリンクもほどほどに、
コーヒーだけを飲んだにしても…
飲み方や時間を意識することで、
活動へのモチベーションをあげれるようにしていきたいです。

 

新しい1日をすっきりした気分で始めるために、
『カフェイン』を摂るタイミングが大切ですね。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください