ユニクロ

 

少し前にマスクで話題になった
ユニクロの『エアリズム』です。

 

開店前の店舗の前には大行列、ネット販売も即完売状態でした。

しかし、いざ購入してみると
あれっ?そんなに涼しさを感じない?

と期待外れの声をSNSで話題になっていました。

 

ユニクロは、涼感マスクとはいっさい公開していないと
改めてコメントしていましたね。

そう、そのエアイズムなんですが、

この暑い夏こそ!マスク!ではなく
それよりも夏を快適にしてくれる商品があることをご存じですか

 

それは…

”エアリズム寝具”です。

 

寝苦しい夏こそ!このエアリズム寝具を使用すれば、
快適な寝心地間違いなしの評判なんです。

 

マスクに押され気味でしたが、
販売以来、即完売となり人気商品となっています。

 

 

そのため、品切れ状態でしたが、

最近、再販売となったため購入チャンスなんです。

 

 

 

スポンサーリンク

そもそもエアリズムって?

マスクの時には、消費者の思い込みで商品にズレが生じていました。
結局、エアリズムのほんとの機能を知らなかったから?
エアリズムの素材の理解できてなかったから?

かもしれません。

 

エアリズム(AIRism)について

その字のごとく
「空気のように軽くて着ていることを忘れてしまうほどの心地よさ」
「空気のリズムを整える」というのがコンセプトになっています。

 

エアリズム寝具②

 

繊維を極細化することで肌触りをなめらかにし、
湿気を拡散し熱気を放出することで衣類内の湿度を抑えます。

 

そして汗を吸収し乾かすという、
まるで呼吸をしているように衣服内の快適さを調整することで、

インナーなどは、なめらかな着心地を一日中キープできます。

 

このエアリズムのインナーは、
重ね着は暑いという概念を覆し、
着ないよりも着た方が涼しいという新しいスタイルを確立しています。

 

エアリズムですから接触冷感・ドライ(吸水速乾)、
高ストレッチ・抗菌防臭・消臭など、

寝汗でめちゃくちゃ汗ばむ夏の夜にこそほしい機能が満載です。

 

エアリズムを使用するにあたって

このことを知らずに、洗濯していた我が家です💦
せっかくのエアリズムを台なしにしていました。

 

エアリズムの快適さは何回洗っても効果に変わりはありません。

繊維自体の経年劣化はありますが、

洗濯によって効果がなくなっていくということはないようです。

 

が、しかし!?

 

注意して頂きたいのは、柔軟剤は使用しないこと!です。

その理由は、
柔軟剤は衣類をコーティングする作用がありますよね、

その作用があるため、
せっかくのエアリズムの良さを生かすことが、
できなくなるということになります。

 

そんなことなど、まったく知らない私です…

エアリズムを買って、喜んで一度洗濯して、
その効果をダメにしていた…悲しい…。

このことを知ってからは、気をつけています。

 

 

 

ユニクロのエアリズム寝具とは?

今の季節を考えて、
枕カバーとボックスシーツをご紹介します。

 

まずはじめに、
エアリズムの枕カバーです。

エアリズム 枕カバー

サイズは2種類あります。

 

エアリズムマクラカバー(M) 790円 63cm×43cm
2.エアリズムマクラカバー(L) 790円 70cm×50cm

 

カラー ホワイト・グレー・ピンク・ダークブラウン

素 材 80%ポリエステル、20%キュプラ

取扱い 洗濯機・ネット使用

 

 

 

次は、エアリズムのボックスシーツになります。

『シングル』『セミダブル』『ダブル』があります。

 

エアリズムボックスカバー

 

エアリズムボックスシーツ(シングル) 2,990円 200cm×100cm×30cm
エアリズムボックスシーツ(セミダブル) 3,990円 200cm×120cm×30cm
エアリズムボックスシーツ(ダブル) 3,990円 200cm×140cm×30cm

 

カラー ホワイト・グレー・ピンク・ダークブラウン

素 材 80%ポリエステル、20%キュプラ

取扱い 洗濯機・ネット使用

 

 

枕カバーもボックスシーツも、
吸水、速乾、吸放湿性にすぐれた素材を使用されています。

 

エアリズムらしいサラサラした肌ざわりが気持ちいいです。

 

吸水性、速乾性が高いので、汗が乾きやすく、
洗濯後の乾きも速いのが有り難いですね。

また、梅雨時季に洗濯して室内干ししても乾くのも、
早そうなので助かります。

 

 

 

スポンサーリンク

真夏の寝苦しさをエアリズム寝具で解決!

寝心地はというと、 ゴロンと横になった時に感じる、
背面のサラッサラ具合です。

 

エアリズム寝具①

 

寝汗でじとっと湿りやすい接地面ですが、
いわゆる接触冷感素材を表面に使った
よくあるシーツやベットパッドのように

“ピトッ”と肌に貼りついてくる感じがありません。

ということは、快適さがあり気持ちがいいに決まっています。

ちょっと、試してみようかな…と思う人は、
在庫があるうちに、お早めに。

 

最後に『エアリズム』というと、

パーカやTシャツ、インナー、下着、マスクなどを
真っ先に思い浮かべてしまいますが、
実は寝具こそ!購入したいと思わせる商品かもしれません。

 

毎日使用する寝具を『エアリズム』にかえるだけで、
暑い夏の夜からサヨナラ~できます。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください