コロナ拡がる

 

連日コロナウィルスが広まり、話題となっています。

4連休が終わり、東京だけではなく
おちこちで、どんどんと感染者が増えています。

大阪でさえ、200人超えです。恐ろしい…

 

もう、どうしたらかからないでいられるのかさえわかりません。

とても、不安になります。

 

しかし、ウィルスが怖くても仕事や買い物などで、
どうしても外出をしなければいけませんよね。

 

もちろんマスクは必須、手洗いや消毒も必須です。

 

よく食べて、しっかりと睡眠をとって健康でいれば
大丈夫…?かな。

でも、夏になると寝苦しいため熟睡できない。
暑くて食欲がなくなるなど…思うようにいかなくなってきます。

 

だとしたら、免疫力を高めるようにして強い体を作ればいい!
と思い、あれこれ調べてみました。

 

やはり、食事に気をつけること!!

 

最近流行の『腸内環境』で、
コロナウィルスの予防になりそうなんです。

 

スポンサーリンク

発酵食品を食べて免疫力を強くしたい

免疫力を高めるために、注目されているのが「腸内環境」です。

腸内環境

 

この腸は、食べ物を消化吸収する場所ですが、
食べ物と一緒に菌やウィルスが定着しやすい場所でもあります。

そのため、腸内には侵入してきた
菌やウィルスを倒す免疫細胞がたくさんあるのです。

 

腸内環境を整えることは、
免疫力アップに必要不可欠ということです。

 

発酵食品が腸に良い理由は

腸内環境を整えることで免疫細胞が働きやすくなり、
健康を脅かす有害なウィルスや細菌から体を守ってくれるため、

風邪やインフルエンザ、

コロナウィルスの予防にも効果が期待されます。

この腸内環境を整える方法としては、
発酵食品を積極的に食べることといわれています。

 

発酵食品とは…

えんこえんこ

食べ物が腐ったものが発酵食品と思っている方もいますが、 乳酸菌や麹菌などの微生物によって食品の成分が分解されて、 また別の食品へ変わるものになります。

 

大きな違いとしては、

人間にとって有用なものを→発酵

有害なもの→腐敗 となります。

 

発酵食品は腐敗をコントロールして、
人間にとって有害とならないように菌を増殖させてつくられています。

日本では昔から醤油や味噌、納豆など日常に根付いた食べ物で、
最近の健康ブームなどから注目度が高まっています。

 

発酵に欠かせない菌の種類について

発酵食品

 

乳酸菌 :納豆、漬物、ヨーグルトなど

麹菌  :甘酒、味噌など

酢酸菌 :梅干し、酢の物など

酵母菌 :日本酒など

 

人間の腸内には上記の細菌以外に約100兆個の菌が住んでいます。

 

 

 

肉やファストフード中心の偏った食生活をすると、
悪玉菌が優勢となり腸内環境が乱れ、
免疫力が低下し、様々な病気にかかりやすくなってしまいます。

 

 

スポンサーリンク

発酵食品と腸内環境からコロナウィルスの予防

コロナウィルスの生活の中で、
健康を意識して食べる頻度が上がった食品というデータがありました。

 

1位はヨーグルト

2位が納豆

他にも味噌やキムチなど。

 

また、スーパーや食料品店で売れている食品にも、

1位が納豆

2位がヨーグルト

という結果になっており、発酵食品が非常に多くなっています!

 

コロナを意識してか…腸内環境からか…
発酵食品が取り入れられるようになったことがわかりました。

毎日の食事で、意識して発酵食品を摂取するだけで、
コロナだけでなく、健康な体に繋がることになるんですね。

 

 

 

コロナウィルスに負けない体作り!

コロナにならないようにするには、『免疫力』が必要です。

免疫力は、日ごろの過ごし方により大きな影響を受けます。

今回は、発酵食品のことを調べてみましたが、

 

本来、元気で過ごすためには
食事だけではなく、
適度な「運動」、そして質の高い充分な「睡眠」といった
基本的な生活習慣を整えておくことがもっとも大切です。

適度な運動

発酵食品を意識して摂取する習慣にすることために

免疫力を高める食事のポイントとして、

1日3食を規則正しく、バランスよく食べることです。

主食・主菜・副菜のそろった食事が大切。

 

・主食…ご飯、パン、麺、芋類など
・主菜…肉、魚、卵、大豆製品などが主材料のおかず
・副菜…野菜、きのこ類、海藻類が主材料のおかず

 

タンパク質、ビタミン、ミネラルなども必要です。

 

忙しさのあまりつい食事を抜いてしまうこと…ありがちですが、
まずはおにぎり1つでも口にし、食事を抜かないという意識が大切です。

そのおにぎりに梅干しが入っていれば、なお最高ですね。

 

日頃から免疫力を高めて、
ウィルスに負けない体を維持していきましょう。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください