エコバック

 

レジ袋有料化が7月1日から始まり、
買い物をしていても、
エコバックを持っている人を多く見かけるようになりました。

 

『あっ忘れてしまった💧』もありますが、

1ヶ月経つと、だいぶ定着してきました。

 

店員さんに

『袋はいりますか?』

『いえ、いりません。あります。』

 

エコしてます!

環境のためにエコです!

小さなことですが、いいことしてる感がありますよね。

ところが、先日テレビで驚く問題を知りました。

 

それは…

『エコバック万引き』なんです。

 

「エコバッグ万引」とは、
陳列棚の本を持参したエコバッグに入れ、
レジを通さず店を出る手口のことです。

スポンサーリンク

どんどん増えてるエコバック万引きの現実

レジ袋有料化によるエコバッグを巡って、
思いもよらないトラブルが起きています。

 

1日に有料化を始まったとき、
若い方などは「しょうがない」という感じでしたが、

ご年配の方の中には声に出して
「なんだ、ここもか」とおっしゃる方を見かけたことがあります。

レジ袋

 レジで支払いをするところに、
3円の中サイズと、5円の特大サイズを用意しています。

などの張り紙を見かけますよね。

袋にお金がかかるし、環境によくないしで
意識して『エコバック』を持ってきています。

 

私は、小さく折りたためるエコバックを使っています。
コンパクトな方が持つのには、便利なので…

 

 

 

 

でも、時々見かけませんか?
大きめのトートバックを持って買い物をしている人を。

そんな方を見たときにふと思ってしまいました。

 

『あのバックに商品を入れても、わからなくない?』と…

 

レジで、店員さんが袋に入れるならですが、
支払いを終えて、カゴからエコバックにいれるのも消費者なので、
万引きしてもわからない?!

と考えていました。

 

 

 

 

 

テレビでよくある”万引きGメン”の番組。

観たことありませんか?だいたいは、万引きする人って
大きめのバックを持って買い物してますよ。

テレビで『エコバック万引き』を知ってから、
大きめのエコバックの人を見かけると…んっ!?

と見てしまいます。偏見ですね、いけない、いけない✖

 

 

販売側のエコバックに対する現状

『エコバック万引き』の問題の発端は、

茨城県土浦市にある「つちうら古書倶楽部」いう古書店が、
Twitterに投稿した「お願い」の張り紙が話題になったからなのです。

 

その内容は、

エコバック万引きの対応

開いたエコバッグ 口の開いた手提げバッグは 、
必ずレジにお預けください 。

エコバッグ万引き多発のため ご協力をお願いします。 と…

 

店側としては、苦渋の決断です。

ここまでしてしまうと、お客さんが減ってしまうかも。
バックを預けるお客さんから、不満が起こらないか。

 

でも、万引きはどんどん増えているので
何かしないと大変な状態になってしまいます。

 

 

店主のコメントとして、

『私どもの店ではバックに本を詰めて、
 知らんぷりして出ていくような方がいらっしゃいました』

これはいかんと、張り紙をしてバッグを預かるようにしようと決断しました。

と…。

なんで、こうなるんでしょうか。
それでなくても、いろんなお店はコロナのせいで、
経営を維持するのが大変なところも多いのに。

ちょっと、腹が立ってきます!

 

 

環境に良いはずのエコバックを悪用する人は増えていく

万引きはエコバッグで特に増えたようなんです。

 

茨城県土浦市にある「つちうら古書倶楽部」では、

「エコバッグ万引」は7月に入ってから4~5回、
これは持って行ったかな?と思った時があったとコメントしています。

というのは、肩から下げた薄いエコバッグが、
帰りに本が4~5冊入った感じに膨らんでいるんです。

あ~💦何で万引きするかなぁ

 

でも、万引きって結局、
やってしまう人のモラルの問題なんですよね。

張り紙の反応や効果は?としては、
「しょうがないよね」と共感してくれるお客さんが多いとか。

今のところ、これに関して悪く思っているお客さんはいないようです。

 

効果はあり!!良かったです。

 

私たちも安心できるので、
どうぞごゆっくりという気持ちで接客ができます。

お客さん自身もエコバックを持っていると、
万引きを疑われないかと不安に思う方もいらっしゃるようなので、
お互いがいやな気持にならないためには、

これしか方法がないと…。

お客さんが協力してくれているようなら、
この方法は良かったということですね。

万引き
同じような問題を抱えてるお店もたくさんあると思います。

「つちうら古書倶楽部」の張り紙をしてエコバックを預かる方法を
してみてもいいのではないでしょうか。

 

 

スポンサーリンク

エコバックを使うことはいいことなの?

環境問題からレジ袋有料化→エコバックが当たり前の生活になっています。

今回この『エコバック万引き』のことを知って
このままレジ袋有料化→エコバックでいいのでしょうか。

 でも、やはり環境問題が一番大切ですから!

 

 店に入る前にバッグを預かれば「エコバッグ万引」はできなくなります。

レジ袋有料化やエコバッグに関しては、

店側としては、思わぬ問題に繋がってしまいましたが、
結局「エコバッグ万引」はモラルの問題なんです。

 

せっかくのレジ袋有料化からのエコバックの利用して、
環境のことを考えて使ってる方が大半です。

 

便乗したこうした行為はやめてほしいものです。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください