アクタージュ

 

集英社の週刊少年ジャンプ編集部は、公式サイト上で、
あの人気漫画「アクタージュ」の連載を打ち切ることを発表しました。

 

その理由は、アクタージュの原作者が
強制わいせつの疑いで逮捕されたからです。

 

 

 

スポンサーリンク

「アクタージュ」の原作者逮捕になる

今月8日、原作者の松木達哉容疑者(29)が、
女子中学生への強制わいせつの疑いで、
警視庁中野署に逮捕されました。

アクタージュ原作者 逮捕

逮捕…強制わいせつ…残念です!

 

詳しい内容はですが、

事件が起きたのは今年6月18日の20時頃でした。

被害に遭ったのは塾からの帰宅途中だった女子中学生でした。

松木容疑者は自転車で背後から当該生徒に近づき、
追い抜きざまに胸を触り逃走したとのこと…

 

その女子中学性が親に相談して110番通報となりました。

さらには同日の21時頃にも、
現場近くの路上で別の女子中学生に同様の犯行を行った疑いまでも…

防犯カメラなどの裏付け捜査をしたところ、
手口が馴れており常習性があるとみているそうなんです。

 

 

 

少年ジャンプの連載の打ち切り

人気漫画「アクタージュ」は、
11日に発売される36,37合併号の掲載をもって、
連載を終了するとしています。

 

週刊少年ジャンプ編集部は、

「非情に残念でなりません」とした上で、
「事件の内容と、『週刊少年ジャンプ』の社会的責任の大きさを深刻に受け止め、
このような決断に至りました」

「ご心配、ご迷惑をおかけしましたこと、心よりおわび申し上げます」と、陳謝しました。

編集部としても非常に残念だと思います。

 

 

強制わいせつで逮捕…この作品のファンを裏切る行為です。

 

でも、どんなにいい作品でも、
わいせつ行為を受けた方の気持ちを考えると当然ですね。

 

許されません!

 

原作者の松木先生は、売れっ子でしたが派手な暮らしをすることもなく、
移動手段は自転車が多かったようです。

生活圏は中野や高円寺、阿佐ヶ谷。
原稿を落とすこともなく、
締め切りを守る好青年。

何がどうなったのでしょうか…

松木容疑者 逮捕
なぜ、あんな行動を起こしてしまったのでしょうか。

 

また、編集部コミックス等の関連刊行物や、
イベント等各種企画につきましては、
関係各所とも協議のうえ、決まり次第お知らせいたします。

と少年ジャンプ編集部は公式ホームページに文面を掲載しています。

 

 

 

スポンサーリンク

人気漫画「アクタージュ」って

ところで、少年ジャンプの人気漫画『アクタージュ 』はご存じですか?

2018年から連載がスタートした『アクタージュ 』は、

天才的な演技の才能をもつ主人公・夜凪景が女優として成長する姿を描く物語で、
少年漫画としては珍しい“役者”が題材に選ばれていることから、
注目を集めていた作品となりました。

 

アニメ化しそうなほどの、素晴らしい作品のため
打ち切りになることが、残念でなりません。

とSNSでもかなりの話題です。


『作品には罪はない』

『せめて単行本の発行を考えて欲しい』


など、諦めきれないファンのコメントがとまりません。

また、作画を担当する宇佐崎しろさんのTwitterには、
国内外を問わず多くのファンから応援の声や

「『アクタージュ 』の連載がどのようになるかにかかわらず応援していく」

といった声が数多く届いているようです。


少年ジャンプといえば、トップ漫画『ONE PIECE』が有名です。
これはジャンプを読まずとも分かるほどの知名度。

また、あの『鬼滅の刃』もジャンプ誌上ではかなりの人気作品でしたが、
連載が終了となりました。

 

その『鬼滅の刃』越えとして期待されていたのが、
『アクタージュ 』でした。

 

6月1日には「アクタージュ」の舞台化決定も発表されていたようですね。

 

今回の松木容疑者の強制わいせつでの逮捕は、
どうしても許されない行為です。

一瞬ですべてが失われます。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください