暑い日

 

カンカン照りの天気です。

朝からかなり気温が上がり、少し動いただけで汗が流れています。

 

テレビを観ていても、
今日もかなり気温が高くなり、熱中症の危険性が…
どの番組を観ていても流れています。

『今日は熱中症で〇〇人運ばれました』

『熱中症で亡くなりました』

 

と、最近多くなりましたよね。

 

コロナもイヤだけど、この季節は暑さ対策をしっかりしないと、
体調を崩してしまい危険です。

 

 

スポンサーリンク

猛暑の中対策なしの熱中症の危険性

熱中症って、なぜ起こるのでしょうか?

 

体内で発生した熱をうまく外へ放出できずに、
体内の水分が失われることが原因になります。

体内で水分が不足している状態を放置しておくことにより、
体液のバランスが崩れて、脳細胞のはたらきが低下し、
さまざまな症状が…

 

初期症状には、めまいや立ちくらみ、手足のしびれ。
また、悪化してくると
頭痛、吐き気、集中力・判断力の低下などが現れます。

重症になると、意識障害や手足の硬直が起こり、
命に関わってきます。

 

『私は大丈夫』と思って特に何もせずに過ごしていると、
この暑さです!

危険!!過ぎます…

 

『外へ出なかった大丈夫』と思っている…

これが、これこそが危険なんです!!

実は、熱中症は室内で起こることのほうが多くなっています。

 

 

家の中でこそ暑さ対策が必要!

室内で起こる熱中症は、室内の気温や風通し、
体調に注意して発症を防ぐことが大切になってきます。

熱中症の発症が多くなるのは、

外の気温が28℃以上の日

太陽が一番高くなる午後1時をピークに前後2~3時間です。

なので、家の中にいるからと安心せずに、
しっかりと暑さ対策をしなくてはいけません。

暑さ対策

また、日中の昼間はエアコンや扇風機で、
暑さ対策をしている人は、多いと思います。

 

でも、夜間はどうしてますか?

節約のためにエアコンを消して寝ていませんか?

実は、この『夜は気温が下がるから大丈夫』というのは考え。

甘い!んです。

 

昼間に熱せられた壁や天井は、
夜になって外気温が下がると、
今度は部屋の空気を温め出します。

その結果、外気温よりも室内の方が暑い状態になるのです。

じゃあ、どういう対策をしたらいいのでしょうか。

 

 

スポンサーリンク




家の中での熱中症予防とは?

よく、高齢者のなかにエアコンを敬遠したり、
使用を控えたりする人もいます。

しかし、熱中症を予防するためには、
昼夜を問わずエアコンを適切に使うことが大切
でなんです。

一般に室温が28℃、湿度が70%を超える場合は、
エアコンを使用することがいいようです。

エアコン

高齢者は暑さを感じにくくなっている場合があるため、
温度計や湿度計を使うことをおすすめします。

でも、1日中エアコンをつけているとかえって体調が悪くなるのでは。
やっぱり、ずっとエアコンをつけている部屋で過ごすのは。

という人もいると思います。そんな時は…

 

簡単にできる暑さ対策5選

1.保冷剤や冷たいタオルを使用する

ケーキなどを買ったときについてきますよね。
保冷剤をタオルに入れて、それを首に巻くと、
エアコンなしで過ごすことができます。

最近は、水に浸したスカーフを首に巻くというような
商品も販売されているのを見かけます。

 

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

COOL TOWEL 熱中症対策 保冷剤 保冷材 保温剤
価格:1628円(税込、送料別) (2020/8/13時点)

 

首筋がひんやりしてとてもおすすめです。

2.お風呂で汗を流す

湯船にお湯を溜めておいて、
小まめにお風呂に入って汗を流すことがいいようです。
暑いときだから、シャワーだけで…多いと思います。

しかし、湯船に浸かる時に
ミント系の精油を入れることで清涼感増し、
入浴後は涼しく過ごせます。

3.庭やベランダに打ち水をする

庭やベランダに打ち水をすると、
気化熱で温度を下げる効果があります。

打ち水は、日中の暑い時に行うよりは
朝夕の涼しい時に行う方が効果を持続させることができます。

4.窓際やベランダからの熱を防ぐ

窓際やベランダにすだれを吊るし、
日光の直射を防ぐと日中の部屋の温度の上昇を防ぎます。

日中、エアコンをつけて部屋で過ごす時は、
雨戸を閉めておくと、エアコンの効率も良くなります。

最近は、日よけが注目されています。

 

日光の直射を避けるために、窓や出入り口、壁などに取り付けます。

5.こまめな水分補給が必要

室内だとのどの渇きを感じにくくなったりすることもありますが、
喉が渇いたと感じていなくても、こまめな水分補給を心がけましょう。

よくトイレの回数を気にし、水分摂取を控えてしまうこともありますが、
水分補給はとても大切なので、少しずつでも摂取することが大切です。

 

 

暑い中、コロナでマスクをして過ごしていると
顔の周りは蒸し風呂状態。
熱が籠もり、それだけでぐったりしてきます。

最近、涼感マスクを使っている私ですが、
やはり、涼しさが違います。

 

これだけでも、かなりの暑さ対策です。

 

 

また、最近私が実践していることなんですが、
今の季節は午前4時過ぎから明るくなりますので、
少し早起きをして、朝の涼しいうちに行動して用事を済ませています。

涼しいうちにすると、はかどります。

何も対策しないでいるよりも、少し気をつけるだけで、
毎日元気に過ごすことができますよ。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください