ゲン担ぎとは、験(げん)を担ぐんということです。

 

この意味を知っていますか?

聞いたことはあると思います。

 

 

おまじない?神様にお願い?近いんですが、
ちょっと違います。

 

 

ゲン担ぎとは、
ある物事に対しいて、以前によい結果が出た行為を
繰り返し行うことで吉兆を推し量ること。

 

また、よい前兆や悪い前兆を気にする。

 

 

縁起を気にすること、
物事の成功を願った行動を行うことを
『ゲン担ぎ』といいます。
(引用 ウィキペディア)

 

 

スポンサーリンク

マイルールと決めているゲン担ぎやおまじないは?

 

考えてみると、
学生の頃行っていたスポーツの試合の時に、
知らずに繰り返していたゲン担ぎがあります。

 

あるお守りを必ず持って行くこと。

 

一番始めの試合に行く日に、
母が作ってくれた小さなお守りです。

 

そのときの結果が良かったから、
それ以来、必ず持って行っていました。

 

なんだか、持って行くだけで安心します。

 

周りから見ると、たかがお守りかもしれませんが、
私にとっては、大事な大事なものでした。

そのお守りのおかげで、
不思議と試合も緊張せず、
平均して満足できる結果となっていました。

 

 

今の生活の中での『ゲン担ぎ』は?

 

 

大人になると学生の頃のような特別な日・・・
少なくなります。

 

 

私は単なる迷信であれ、おまじないのたぐいであれ、
やってみると効果は出ると思っています。

 

ゲン担ぎ??になるかどうか…ですが、
ゲン担ぎと決めて、

この迷信、ここぞという場面でなくても
やってみる価値はあります。

 

”とりあえず何かを決めてする”

 

”とにかく決まった動作をしてみる”

 

 

など、こんな行動すると気分が変わります。

 

気分が一新できるようです。

 

 

どういうことかと言うと、
イライラやムシャクシャしたときなど、

 

この今の気持ちをどう抑えるか??

 

どんなにしたって不安や緊張が消えない状態のとき。

ありますよね。

 

 

こんなときこそ、とにかく

何か決まった動作をする

イライラが消えていきます。

この動作をすれば、
落ち着く、安心できるような
自分のマイルールがあると思います。

 

これもいわゆる『ゲン担ぎ』になりませんか?

 

私の場合は、イライラが始まると
とりあえずトイレに行ってリセットしてますね。

 

ひとりになってクールダウンしてます。

 

 

そうすると、少し時間が過ぎて
非常心になってます。

 

 

 

それから、大切な会議や出張のある日は
気合いを入れるために、

朝、洗面所で顔を洗うときしっかりと洗って
歯磨きも念入りにしています。

 

 

まさに、”さぁ、頑張るぞ!”という気持ちになりますね。

 

これが、今の私の『ゲン担ぎ』になっています。

 

 

大切な日こそ、マイルールでベストな自分にする

 

大人になるとここぞ!という日は少ないと話しましたが、

スポーツ選手などは、大切な試合の日には
確かに『ゲン担ぎ』をしている場面を目にすることがあります。

 

 

スケートのあの有名な選手や

ゴルフの人気がある選手

ラグビーでの試合前の選手の行動など、

 

 

スポーツ選手は自分だけのゲン担ぎを持っています。

 

 

両手でほっぺたをパンパンとしていたりと、
きっとあの行動をしないと始まらない大切な行動です。

 

選手によっては、見ていると
あれ?何をしているんだろう?
と思うときもありますが、

すごく大切なこと、深い意味があることなんです。

まさに、『ゲン担ぎ』です。

 

 

本人は、あの動作によって
気持ちが高ぶってきたり、
ベストな自分に持っていけるんです。

有益だということですね。

 

 

 

普段から『ゲン担ぎ』をして気分を変える習慣を持つ

 

とにかく決まった動作をしてみる
気分は一新することは間違いないようです。

 

 

おもしろいと思った話を聞きました。

 

アイルランドでは、怒りなどが沸いてきたときは
ポケットに入れておいた小石を、
もう片ほうのポケットに移し替えるという
変わった習慣があるようなんです。

 

こうすることで、不思議に気分が楽になるそうです。

 

なんか、変な話・・・と思ってしまいます。

 

何の意味があるのだろうか・・・

 

 

ただ、ポケットに移し替えることが・・・

 

 

これって、とりあえず何かをするという動作。

これも『ゲン担ぎ』ということですね。

 

 

その小石には、特に効果があるわけでもなく
ポケットを触ることも意味もないことですが、

イライラに気持ちが入っているときに、
違った動作をすると、
気分が変わるという効果がある。

 

心理的な効果ということになりますね。

 

 

 




ジンクスは活用すべき、効き目がある

 

まとめると、
自分なりの『ジンクス』を持つといいということです。 

 

自分が平常心に戻れないときや、
どうしてもここは決めたいときなどに

 

 

 

自分だけのゲン担ぎをする

 

 

子供だろうが、大人だろうが関係ないですね。

 


たかが、迷信と思うかもしれませんが、
この迷信はずっと続けてもいいですね。

 


でも、知らず知らずにやっている
『ゲン担ぎ』もあるんだろうな・・・とも思いました。

 

 


そうなってくると、そのゲン担ぎは
習慣的なマイルールです。 

 

そうなると、
自然に気持ちを切り替えれることができます。

 

 

 

でも、もしかしたら周囲の人からは
なんだか、おかしなことをやっているなぁ??と
思われたり、笑われているかもしれません。

 

でも、そんなことは気にしない。

 

自分のマイルールをすることで、穏やかになります。

 

 

人は、苦しんだり怒ったりしたくないと思っても
避けられません。

ある決まったことをするだけで、
気分が一新できたり
上向きになったりと


ベストな状態になったりするのであれば、
こんないいことはありませんよ。

どんなことでもいいと思います。

 

 

自分なりの気分転換できる行動を
一つでも決めておくと、ここという時に
気がラクになると思います。

 

 

よく言われている『ゲン担ぎ』の効き目を
活用するべきだと思います。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください