エール

 

やっと、やっと明日9月14日から『エール』の放送が再開されます。

ずっと、再放送でした。
もちろん『エール』ファンとしては、見てましたよ、再放送も!

そんななか、ドラマや映画、CMで大活躍されている
『萩原利久さん』が初出演されるそうなんです。

 

スポンサーリンク

萩原利久が朝ドラ『エール』に初出演で丸坊主に!

萩原利久さんを、知っていますか?

あの昨年話題となった菅田将暉さん主演の連続ドラマ

菅田将暉と萩原利久

「3年A組-今から皆さんは、人質です-」で注目を集めました。

 

「3年A組」で共演された生徒役を演じた森七菜さん、
佐久本宝さん、堀田真由さん、望月歩さんに続く「エール」参戦となりました。

 

 

萩原さんは、『エール』の出演について

「朝ドラに出演することは自分の中でも一つの目標にしていたことなので、
 出演が決まった時は素直にうれしかったです。今回、約5年ぶりに坊主にしたり、
 ギターの演奏シーンがあったりとうれしさ、
 緊張、挑戦などいつもより多くの感情を感じました」

とコメントされていました。

 

確かにNHKの連続テレビ小説は、俳優さんにとっては夢の番組です。

叶ってよかったですね。

 

 

『エール』萩原利久が演じる役は?

この萩原さんが出演する後半の「エール」での役は、

主人公・裕一(窪田さん)の恩師・藤堂(森山直太朗さん)が
戦地で率いる部隊の一等兵・岸本和俊役となっています。

 

民謡歌手を父に持つ和俊は、
ギターが弾け、裕一が戦地で作る楽団のメンバーとなるそうです。

 

 

さらにこの役について

「僕が演じた岸本和俊は戦時中の兵隊なので、
 普段の生活の中で触れることのない言葉や感情、動きがあり、とても難しかったです」

 

と話しつつも萩原さんは、

「所作の指導や訓練の一部を体験させてもらい少しずつ役作りしていきました。
 制約の多い中で音楽に触れることによって生まれる感情、
 人間らしさを特に意識して演じました。
そんな岸本和俊の感情に注目してもらえるとうれしいです」

とファンに呼びかけていました。

 

 

萩原利久の朝ドラ出演についての反応

 

 

皆さん、楽しみにしていますね。

後半に出演するキャストも凄い方が多いいんです。

『エール』再開ほんとに待ち遠しかったです。

 

 

スポンサーリンク

萩原利久について

萩原利久

 

萩原利久 (はぎわら りく)

生年月日:1992年2月28日 (21歳)

出身地:埼玉県

血液型:A型

身長:176cm

 

趣味は映画鑑賞、缶蹴りと缶蹴り用公園探し。(ちょっとおもしろい)

特技はバスケットボール。

 

 

「3年A組」では美術部と映画研究会を兼任する逢沢博己役。

テレビ東京の深夜ドラマ「電影少女 -VIDEO GIRL MAI 2019-」では
「乃木坂46」の山下美月さんとダブル主演を務めました。

 

2020年には主演ドラマ「大江戸スチームパンク」SFコメディ時代劇など、
いろんな役に挑戦しています。

萩原さんが出演される『エール』では、
どう演じているのか!?気になります。

では、明日からを楽しみに…

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください