沖縄タイムス

新型コロナウイルスの感染拡大で打撃を受けた中小企業は、
今や経営状態が悪化し、大変な事態になっています。

しかし、そんななか個人事業主を対象にした、
国の持続化給付金の不正受給問題が明らかになりました。

その社名が『沖縄タイムス社』だったんです。

 

 

スポンサーリンク

沖縄タイムス社計200万のコロナ給付金不正受給発覚!

13日に沖縄タイムス社の武富和彦社長らは、

那覇市内の本社で記者会見を開き、同日までの調査結果を公表しました。

 

40代男性社員(総務局付課長)が計100万円を不正受給。

 

ほかにも新型コロナ対策の緊急小口資金と総合支援資金も虚偽申請して
計80万円を不正に借り入れていたことを明らかになってしまいました。

謝罪を行い、計180万円の返還手続きを進めているようです。

不正受給発覚

関連会社であるタイムス印刷の別の30代男性社員は、
緊急小口資金20万円を不正に借り入れていたと説明した。

 

この40代男性社員は同印刷に出向していたが、
12日付で出向を解かれています。

その後、県警の事情聴取を受けているようなんです。

 

社内で拡がる不正受給と不正借入れで社長謝罪

武富社長は、

「多くの事業者や県民が危機的な経営状況、
 厳しい生活環境を乗り切ろうと努力を重ねるさなか、
 国の制度を悪用した行為は法に反するだけでなく、
 人や社会を欺く反社会的行為で、決して許されるものではない。心よりおわびする」

と謝罪コメントをされています。

 

県警の捜査に協力して全容解明に努め、厳正に対処する考えを示していました。

沖縄タイムス社

社内で検証委員会を立ち上げ、
不正行為の背景や再発防止策などをまとめる方針で動いています。

社内調査でわかったようですが、
この40代男性社員は、

1千万円を超える住宅ローンを含めた借り入れがあり

なんと!不正受給分はその返済に充てたと説明がありました。

ほんと、信じられません!

 

関連会社の30代社員は、持続化給付金を申請したが、
受領はしていない!と話しています。

 

しかし、2人とも個人事業主と偽って申請していました。

また、別の本社編集局技術職の社員2人も、
この40代男性社員に誘われ
税理士事務所で給付に関する説明を受けていたことも明らかになっています。

2人は申請はしなかったが、説明会参加に際し、
税理士側に「手数料」として1万円から1万数千円を支払ったとのこと。

40代男性社員は社外の十数人にも声を掛け

そこから不正申請の勧誘がさらに広がったとみられています。

人数は計約40人にも…及んでいると。

 

 

 

スポンサーリンク

ツイッターでの反応は?

 

 

お怒りが…💧

皆さん厳しいコメントが、多かったです。まぁ当然ですが…

 

きちんと追求して説明して頂かないと、
納得してもらえないとお思います。
 

 

実名がないことと、どこかモヤっとした説明…コレでは、だめです!
身内のことだからといってグレーな感じで終わらせようとすると、

今後の『沖縄タイムス社』に影響があると思います。

 

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください