竹内結子

 

女優の竹内結子さんが、27日未明になくなられました。
まだ、40歳だったんです。

数多くの映画やドラマに出演されていました。
正直、職場で速報を見たのですが、とても驚きました。

残念です。

そんな竹内さんが亡くなられた原因について…。

『産後うつ』?ではないかと言われています。

 

スポンサーリンク

竹内結子の精神状態から考える死因とは?

警視庁などによりますと、27日午前2時前、
東京・渋谷区の自宅マンションで女優の竹内結子さんが意識のない状態でみつかり、
夫で俳優の中林大樹さんが119番通報しました。

その後、竹内さんは搬送されましたが、病院で死亡が確認されました。

部屋から遺書などは見つかっておらず、
警視庁は状況から自殺とみているようなんです。

いったい、何があったというのでしょうか?

家庭問題?夫婦関係?子育て?仕事?何?

 

その後の、報道番組なのでは揃って夫婦間の問題などはなく、
近所を仲良くベビーカーを押して、
散歩をしている姿などもよく見かけていたのだとか…。

 

皆さんもご存じの通り、

竹内さんは2005年に歌舞伎俳優の中村獅童さんと結婚されました。
同年に長男を出産するも2008年に離婚しています。

その後、昨年2月に現在の夫である俳優の中林大樹さんと再婚されました。
中村さんとの間に、今年1月下旬に第2子男児出産されています。

 

竹内結子と中村大樹夫妻

出産してまだ、1年の経っていません。

 

親しくしている方たちからも

「子供がうまれ、子育てに忙しくてと、ホントにママさんしているなという感じで、
 幸せそうだったのに……。産後、気が塞いでいるようには見えなかった」

とのこと。

 

また、竹内さんは産後初の公の場でのその美貌は相変わらずで、
笑顔いっぱいキラキラと輝いていました。

中林さんと結婚するまでは、長男の教育にも熱心で、
幼稚園の時から月に十数万円する個人指導を受けさせていたといわれます。

学校行事なども一度も欠席することなく参加していました。

それに、竹内さんと言えば、
撮影の現場でも“たけうちマルシェ”と言われるほどの差し入れの達人で、
本当に気配りのできる方だったそうなんです。

 

しかし、一部では『産後うつ』があったのではという臆測も流れていますが、
事実は何もわかっていません。

こんなに幸せいっぱいの充実した生活を送っている人が、『産後うつ』?
なのでしょうか…。

でも、専門家の先生方によるとこんな笑顔を絶やさず、周りに気を遣い、真面目な人ほど、
実は悩んでいる人が多いのだとか…。

それは、まわりの気づかれないようにしているため、普段とは変わらないように見えても、
そんな人ほど、深刻な状態。

何かがきっかけになり、何かをふと思ったときに、
自殺するリスクが高くなるのだとか…。

 

だからって、『産後うつ』だったのでしょうか。

今の生活は、コロナ禍でかわっていまいました。
思うように人とも会えず、暗~い毎日です。

そんな中、出産後の子育て…。
大変だったのかもしれませんね。

 

今回の竹内結子さんの亡くなったことから
『産後うつ』への関心が高まっていました。

 

 

『産後うつ』が原因?なぜ発祥するの?

いろいろと調べていると驚いたのですが、
出産後1年未満に死亡した女性の死因は、自殺が最も多いというのです。

 

出産後の女性は、ホルモンバランスが乱れ、社会的・心理的ストレスでから
発症されると言われています。

女性の場合、妊娠期間中はホルモンの出方がいつもと違います。

出産後に、それが元の通常モードに戻るとき、
ホルモンのバランスが乱れてしまいます。

さらに、育児が大変でもサポートが得られずに社会的・心理的にストレスがかかると、
産後うつの症状が見られるようになります。

産後うつ

産後うつは、うつ病とは違うといいますが、
以前にうつ病にかかった人はなりやすいとも言われています。

年齢的には、40歳前後がホルモンバランスを崩しやすい。

初産の人の方がなりやすいが、出産の間隔が空くと、
若いときと体力が違うこともあって注意が必要みたいです。

 

最近では、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、
近年は産後うつの患者が少し増えたとも言われています。

通勤や外出をしなくなると、気分が沈み、運動不足にもなります。

体を動かさないと、ぐっすり眠ることもできません。

赤ちゃんが夜に起きて、睡眠が分断されると、寝不足になってしまいます。

旅行ができなくなったり、親に会いにくくなったり、
ストレスがうまく解消できなことも背景にあるようです。

 

 

また、精神科の先生方は、
『飲酒には特に注意が必要』だと指摘されていました。

アルコールの影響で衝動的になってしまうようで、
自殺のリスクが増すケースが多いのだとか…。

竹内さんも、もしかしたらその夜は
中村さんとお酒を飲んでいたのかも?しれませんね。

そうなるとやはり、『産後うつ』が原因なのかもしれないと思ってしまいます。

 

 

『産後うつ』についての関心が高まった

 今回のこの竹内さんのことがきっかけとなり、
ツイッターなどで『産後うち』についての関心が高まっていました。

出産経験者からのツイートで多かったのが、

竹内さんが自宅で自殺したとみられると報じられると、
1月に第2子の男の子を産んだばかりだっただけに、
そういったきっかけを巡って様々な憶測も流れていました。

ツイッター上では、『産後うつ』ではないかとの指摘も多く、

出産を経験した女性からは、

 

「何でもないことで涙が出たりした」

「唐突に死にたくなった

 

などと、産後うつのような症状についてさまざまな声が飛び交っていました。

 

”死にたくなる”…。コワイ話ですが、
経験した人が言うのですから、これが現実なんです。

こうなると、まわりにできることは…防げなかったの?
と考えてしまいます。

 

また、データとして…

2018年9月5日の発表によると、出産後1年未満に死亡した女性は、

15~16年の2年間で、自殺が92人と最も多かった。

35歳以上や初産の女性などで自殺率が高かったという。

原因としては、産後うつの悪化などの可能性があるとみられている。

 

引用元:国立成育医療研究センター

 

このように、一見幸せいっぱいの出産をしたばかりの女性…。
しかし、現実はそんなことはないんですね。

 

 

産後うつの原因としては、

出産後のお母さんは、周りの人にも手助けを求めるのが難しいと感じる人も多く、
お母さん自身、産後で体調がままならないうちに、
周りのサポートを得られず一人で子育てを背負い込むことになってしまい、
無理がたたってしまうこと。

また、理想の母親像を完璧に実現しようとする真面目な性格の場合、
産後うつになりやすい傾向にあるそうなんです。
出産後のママ
立派な母親になろうと思うことは素晴らしいことです。

が、しかし、
子育てというのは思い通りにいくものではなく、
全てうまくこなせる人などいないんです。

多くの目標を掲げ、それが達成できない自分を責め続けてしまうと、
結果的に自信を喪失・不安感に苛まれやすくなり、
気分が落ち込みやすくなってしう傾向があるようです。

 

やっぱりかな…と、
竹内さんの人柄などから思ってしまいました。

 

 

 

スポンサーリンク

『産後うつ』についてのツイッターの反応は?!

 
 
ツイッターの中で、『産後うつ』が甘え?という声がありました。
それに対しての批判も多かったのですが、

精神的な心の病気である『産後うつ』です。

 

もし、竹内さんの原因もそうだとしたら、
『産後うつ』を軽く考えない方がいいと思います。

 

コロナ禍が続く中、今後も『産後うつ』によって、
自ら命を絶つ人が増えることが少しでもないように祈るしかありません。

 
 
最後まで読んで頂き、ありがとうございました。
 
 
 
 
 
 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください