うちの家は、どっちかというと
まだ、物は少ないほうでしょうか…

 

いえ、見渡してみると
部屋によっては溢れてる状態のところもあり、
何年越しでずっと整理できないと
考えている我が家の問題です。

 

 

いつか、憧れのミニマリスト…とまではいきませんが、
ミニマリスト風??になりたい!と思っています。

 

恥ずかしい話ですが、ずっと思っているだけなんです。

 

思っているだけで、行動できていません。

 

家を見渡すと、まだまだ使っていないものや
買ったままのもの、いつか使うかもと思っていても
そのまま放置のものなど、

 

 

やはり、物が多いんですよね。

 

スポンサーリンク

いちいち考える生活習慣になっていませんか

 

物がたくさんあるとなんだか落ち着きません。
こんなに物が多い状態だからストレスがたまる?

 

確かに、物が溢れていると
部屋を見ただけで、ハア~となりませんか。

 

あと、捜し物をするときにどこにあるのか分からず、
時間がかかってイライラしてきます。

そのたびに、やはりいつか片付けないといけない!
思うのですが、まぁいいか…となりそのままなんです。

 

いつまでたっても、だめだめです。

 

その繰り返しで生活しています。

 

私のあこがれのミニマリストさんは
それはそれは整った暮らし、物が少ないシンプルな住まいで
生活をしています。

 

羨ましいかぎりです。

 

その人は、今使う最小限のもので生活しています。

そうなると結果、使っている物がわかってきます。

 

 

少ない物でルーティーンされている状態です。

 

 

 

生活の中で、同じ物を使っているということがわかります。

 

これだけ揃っていれば、生活は充分ということです。

そこから、時間の短縮や気持ちの穏やかさができ、
心にもゆとりが生まれ、理想の生活を手にいれているんです。

 

でも、我が家は真逆です。

 

 

「あれは、どこに置いたの?」

 

 

「ここにあったのに、どこ?」

 

 

と、家族とそんな日々になっています。

 

“いちいち探さないといけないこの生活そのもの”が
ストレスになっているんです。

 

 

 

思考手間を省くルーティーン化生活

 

できれば、ストレスは少なくしたいものです。

 

家の片付けをすぐに実行したとしても、
家全体が片付くのには時間がかかります。

 

なかなか大変です。

 

 

 

なので、身近な生活習慣から見直してみました。

 

生活をシンプルにする有効な手段を見つけました。

 

 

生活をシンプルにする食事

 

今までは、パパさんの朝ごはんはその日によって
ごはん?それともパン?といった感じでした。

 

勝手にパンにしていたら、

 

「今日は、ご飯て気分だったのに」

 

なんて言われると
私は、朝から気分が下ります。

 

”わがまま、自分でしてください”

 

 

とイライラしてきます。

 

 

 

なので、話し合いをして決めました!

 

お互い仕事をしているため、朝は忙しいです。

 

だから、思い切って

『朝ごはんは食パンとコーヒーとバナナ』


と決まりました。

 

 

ほぼ、一方的にですが…

朝は、考えずに同じものを食べるということにしました。

 

今日はどうするのだろうかと気にすることもなくなり
ぱっと!食べてさっと!終われます。

 

 

考える手間を省きたい行動

 

朝ごはんをルーティーン化することは
ちょっと手抜き過ぎるかも?という罪悪感も少しありましたが、

 

いちいち考えなくてはならないことから開放され、
その日、スッキリいいスタートになっています。

 

朝だけではありません。

 

 

夕飯もある程度ルーティーン化?にしています。

だからといって、
同じおかずを食べているわけではありません。

 

 

 

朝ごはんを考える時間が少なくなると、
夕飯用のご飯と味噌汁を、
朝のうちに準備する時間ができました。

 

そうなると、メインに魚と肉、野菜の順に
ルーティーン化させ、メニューを考えています。

(セールを見つけてしまうと、
 ついついメニューの変更もありますが・・・💦)

 

 

 

できるだけ、意識して買い物するようにしています。

 

 

 

「昨日の夜は魚だったから、今日はお肉と…」

 

 

と、少しずつ慣れてくると
以前よりストレスなく決めることができています。

 

 

忙しい中、何を買うか迷うことなく
ルーティーン化すると、店内でもぐるっと回らず、

これを買う!

と決めているところだけを見ているので、
時間もかからなくなりました。

 

 

 

帰りの買い物が、とてもスムーズです。

 

 

 




生活習慣をシンプルにする考え方

 

知っていましたか?

昔の人は、朝・昼・晩には、
決まったものを食べていたそうなんです。

 

梅干しや佃煮・魚の干物のように。

だから、献立に悩むなんてことはなかったそうなんです。

 

ちょっと、うらやましい。

 

 

 

今は、昔に比べると食材も豊富で恵まれています。

 

昔のようなおかずでは、
きっと家族から不満いっぱいですよね。

 

 

 

でも、自分のルールを決めて
ルーティーン化で献立を決めたほうが、
ストレスを感じる頻度が少なくなる
と思います。

 

 

 

考えると、毎日ジョギングをしている人は、
走ることが習慣になっています。

 

今朝は運動をしようか?どんな運動をしようか?
とは、ならないですよね。

 

 

 

また、毎朝顔を洗うときも、

 

顔を洗おうか?洗わないでいようか?

 

とは、考えないと思います。

 

 

 

その感じと同じように考えてもいいと思います。

 

 

 

ストレスを感じる頻度を軽減したい

 

毎日の生活で、とにかく
ルーティーン化して、
シンプルな生活にしてしまうのがコツ
ですね。

 

 


また、仕事でも日常の生活でも、
普段と違うことをやろうとかするから、
疲れるのです。

 

 


頭を使うことが多くなると、
疲労がたまりストレスになります。

 

人は、”なにか新しいことをしなくてはいけない”という
脅迫観念なところもあります。

 


でも、その考えがストレスの原因なのかもしれません。

 

毎日の生活の中で

 


ルーティーン化することは、
”退屈”ではなく”心が落ち着くこと”

 


と、思っています。

 

 

 

今日から、こんなシンプルなライフスタイルに
していきませんか。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください