バチェロレッテ 司会

 

10月16日、Amazon Prime婚活サバイバル番組
「バチェロレッテ・ジャパン」5〜6話で残った3名の中の
當間ローズさんが気になります。

また今回5話では、番組の新ルール・ストールンローズ(略奪ローズ)
を使う男性が現れ、その様子が話題になりました。

その時デートをしていたのが、當間ローズさんです。

まさかの目のまで「ストールンローズ」🌹…。

 

 

 

スポンサーリンク

バチェロレッテ5話の當間ローズは?まさかのストールンローズ!

今回は、次の旅に進む人を発表する・ローズセレモニーの前に行われる
カクテルパーティーが行われないことが発表されていました。

そのため、萌子さんからデートに誘われない男性は、
最後に萌子さんへアピールする時間がありません。

気になる當間ローズさんですが、
1on1デートには選ばれなかったものの、

グループデートの3名に中には選ばれました。

 

台湾のお寺へ行き、
その後は萌子さんと3人でお茶をしながらのたわいもない会話でしたが、
楽しそうな時間でした。

その後のナイトクルージングデートに
誘われたのが、當間ローズさんでした。

さすがです!

個人的に思うのは、萌子さんは當間ローズさんに恋してる?かな…。

當間ローズさんの前では、
なんだか、表情が柔らかくなり幸せオーラ全開な気がします。
あくまでも勝手な見解です。

やっぱり、當間ローズさんなんでしょうか…。勝手な予想です。

 

それが、この5話では驚きの展開となりました。

 

残念ながら、デートに誘われなかったのは、
榿澤涼太さん、牧野龍介さん、エバンズ・マラカイさんの3人でした。

新ルールである「ストールンローズ」がついに…。

ストールンローズ

デートに誘われなかった3人は、一か八か、
全員がチャンスに賭けたいと強く願い
「ストールンローズ」を使いたいと主張し合いました。

しかし、話し合いは平行線。

一悶着ありましたが、
これまで福田さんと過ごす時間が3人の中で圧倒的に少なかった榿澤さんが
「ストールンローズ」を使うことになりました。

萌子さんと當間ローズさんのデート中のことです。

榿澤さんの猛アピールと泣きながらの会話に、
私も観ていて涙がとまりませんでした。

そのやりとりをそっと近くで見ていた當間ローズさんですが、
榿澤さんのその姿に、涙…。?!

複雑そうでしたね。

男の友情も大事にする當間ローズさんだけに
彼が苦しそうに見えました。

本来はライバルという対場なのに、
やはり彼はきれいな心の持ち主に違いないかと…。

 

 

バチェロレッテ6話での當間ローズの心境

6話でも當間ローズさんは、デートに誘われています。

が、そのデートが、

「2 on 1デート」のルールがかなりシビアな内容!

ふたりのうち萌子さんに選ばれなかった方は、
自動的に脱落してしまうことになるのです。

 

そして「2 on 1デート」に呼ばれたのは、

當間ローズさんとエバンズ・マラカイさんでいた。

選ばれた時の當間ローズさんは、意外にも少し弱気に見えました。

本人のこの時の気持ちが
「こんなにローズを欲しいと思ったことはない」と…。

もっと余裕があると思っていました。が、意外でした。

ふたりは戦友ともいうべき間柄です。

相手がエバンズ・マラカイさんだけに…複雑そうでした。
デートへ向かう車中でも重苦しい雰囲気が流れていました。

 

どちらも素敵な男性なだけに、
このデートを観ていてかなりドキドキしました。

 

このふたりは最後まで残ると、勝手に予想していたから。

ふたりの共通の趣味である「乗馬」デートでした。

デート後1時間経っての萌子さんの決断は、

どちらにもローズは渡さない!かえって欲しくない!という意外な結果??

當間ローズ

よかったのか悪かったのか??

結局、ふたりとも残りました。

 

スポンサーリンク

當間ローズは最後の一人に選ばれる理由

 

私もはじめのころは、當間ローズさんって…??どうなん?
すぐにハグするし、なんだか…チャラい?と思っていました。

が、放送を観る度に
彼がいいと思いました。

同性に対しての行動や対応が。

一見グイグイと推しが強そうですが、
控えめなところにいたりして、まわりにスゴく気遣っています。

人に掛ける言葉が、いつも優しいです。

 

顔はモデルだけあってイケメンですが、

私は心が、かなりイケメンだと思います。

バチェロレッテ ローズくん

そして、いつも想いを情熱的に伝える
ムードメーカーの當間ローズさんさんです。

 

う~ん、杉ちゃんか當間ローズさんか?難しい!!


個人的には、どちらも「推し」なので…。
正直なところ、このふたりのどちらかが
選ばれて欲しいと思っています。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください