沖縄

GoToトラベルにより、沖縄への旅行に行く方も多いと思います。

が、先ほど発表があったのが、
沖縄のエビの養殖が盛んな大宜味村のバナメイエビ養殖場で
『エビの伝染病』が確認されました。

沖縄に行っても、エビは食べれません。

 

 

スポンサーリンク

沖縄の養殖場のエビ伝染病確認される!

詳しく調べると、

 

本日19日沖縄県水産課は、
大宜味村のバナメイエビ養殖場で、
養殖水産動植物の伝染性疾病に指定されている、

「急性肝膵臓壊死症(AHPND)」の発生が確認されたと発表した。

国内で初めての確認になります。

まん延した場合、養殖水産動植物に重大な損害を与える恐れがある疾病とされる。

またバナメイエビは県内で養殖が盛んなクルマエビと近縁種で、
クルマエビに感染する恐れもあるという。

沖縄車エビ

県は今月8日、同村の養殖場で養殖種苗のサンプルを採取した。

県水産海洋技術センターで検査をした結果、陽性の疑いが判明した。

その後、国立研究開発法人水産研究・教育機構水産技術研究所で検査したところ、
18日にAHPND陽性が確認された。

同日、県はエビの処分と池の消毒など、まん延防止措置の実施を命令した。

玉城デニー知事は

「県はクルマエビ養殖業に被害が及ばないよう、
 大宜味村と協力しながら迅速かつ的確な防疫措置に万全を期するよう取り組む」

とコメントされました。

 

引用元:ヤフーニュース

 

 

この病名を見る限り、肝臓と膵臓を壊死させる感染症のようです。

生物にとって重要な臓器である肝臓・膵臓を壊死させるとは、
非常に恐ろしい病気のようです。

国内でこれ以上感染が拡大しないように対応して欲しいところです。

 

 

 

スポンサーリンク

沖縄のエビは食べられない!

沖縄の養殖のエビは、沖縄以外に出荷している可能性も考えられます。
それって、こわい…。

よ~く調べてみると、
沖縄が車エビの養殖生産量日本一のようなんです。

現在 “沖縄県車海老漁業協同組合” に登録されている養殖場は沖縄本島に7か所、
石垣島に3か所、久米島に6か所もあるんです。
エビ養殖場

もともと天然の車エビが周辺海域に生息せず、
他の都道府県と比べて10年ほど遅れて車エビの養殖を始めたのにも関わらず、
養殖生産量が全国トップのようなんです。

 

全国へ出荷しているようですね。

 

クルマエビに感染する恐れもある
となると、これは…恐ろし過ぎます!!

なぜこうなったのか、
実は、沖縄ではエビの養殖がかなり年々広まっているとの話があります。

一般人が簡単に参入できることから、
予防策を度外視で儲けることだけ考える輩が出てくるから
こういう事態になる恐れが出てきます。

もう一つの原因は、
エビの伝染病は、現在中国で大流行しているようでです。

コロナ禍で行き来できない状況を考えると、感染ルートは渡り鳥かも??

どんな原因にしても、エビの伝染病が確認されたのは事実なので、

エビは買いません!!

となってしまいます。

 

 

SNS上でエビ伝染病の不安が拡がる

 

世の中は、今も『コロナ感染症』でピリピリしています。

なのに、この問題が…、沖縄は大変です。

行政がしっかり対応してもらわないといけません。

 

個人的に思うのが、エビだけの問題ではなく、
沖縄のイメージが心配です。

GoToトラベル…こうなってしまうと、
私なら、しばらく沖縄行くのはやめにします。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください