バチェロレッテセレモニー

 

バチェロレッテ福田萌子さんは、

黄皓さんと杉ちゃんのどちらを

 “人生のパートナー” に選ぶのでしょうか?

2020年10月30日、Amazonプライム・ビデオで
約2か月間続いた “旅” も、終わりを迎えました。

『バチェロレッテ・ジャパン』の最終話を観るまでは、
どっちなの?最後は誰にローズを渡す?!

ドキドキ、ワクワクして観ました。

それが!?結局

『どちらも選ばない』という結果だったんです。

 

 

スポンサーリンク

バチェロレッテ最終話の福田萌子

まずは、沖縄で福田萌子さんのお母様とひとりずつお会いしていました。

 

萌子さんのお母様は、ふたりともに対して

かなりの好印象でした。

 

そこから屋久島へ行き、それぞれで朝のデートをします。
起きてすぐに会うことでリラックスできるコト…

黄皓さんと杉ちゃんもラフな服装でリラックスしていました。

 

これもまた、どちらもいい感じ♡

ファイナルローズ
その後、黄皓さんとディナーデートをします。

 

その時の会話がかなり印象的!でした。

突然、福田萌子さんは黄皓さんに対して、

「今日はリスクマネージメントするの止めない?
 中途半端じゃなくて “踏み込むか止めるか” 」

と真剣な面持ちで語りかけました。

そこからです!ついに黄さんが本音を吐露!します。

 

過去の恋愛から、

人を本気で好きになることに「恐怖」を感じていたこと。

そう見えないよう振舞っていたことを打ち明けたんです。

 

その後ハグを交わすふたりを見て、個人的には
黄皓さんで決まるかも!?と思ってしまいました。

こうこうさん

 

その一方で杉ちゃんとのデートでは、

絵のモデルを務めているとき、突然ポロポロ泣き出した福田萌子さん。

その後、杉ちゃんが帰ってからです。涙が止まりません。

 

この涙を見たとき、これはかなり迷ってる!

もしかして杉ちゃんを選べないから、苦しくて泣いているのでは!?
と、いろいろと考えてしまいました。

杉ちゃん

 

 

さぁ、ファイナルローズ🌹セレモニーです

黄皓さん→杉ちゃんとひとりずつと話します。

 

が、しかし!!

黄皓さん

「最初から男性として惹かれてた(中略)でも私の人生のパートナーは黄さんじゃない」

 

杉ちゃん

「(杉ちゃんと)一緒にいたい、でも恋人としてじゃない」

 

にハッキリと伝えていました。

なんと、福田萌子さんはどちらも選ばなかったんです!

 

少し予想はしていましたが、

まさかの『どちらも選ばない』という決断。

正直、ちょっと驚きました。

でも、杉ちゃんとのお別れの時、スゴくスゴく泣いてました。萌子さん…

杉ちゃんのこと好きでしょう!と私の心の声です。

どちらかを選んで、
ハッピーエンドを期待していたので、
なんだか、しばらくモヤモヤでした。

 

 

バチェロレッテ福田萌子の決断に賛否両論

この最終話の結末にモヤモヤしていたのは、
私だけではありませんでした。

 

このラストシーンはネットでも話題になっています。

 

今回の結末で、福田萌子さんに対して賛否呂論です。

番組的には残念な気もします。

 

正直、少しでも好きなら選べばよかったのにと思いますが、
やはり『結婚』を前提に考えているからこそ
気持ちに嘘はつけなかったんだと思いました。

別れ

こんな福田萌子さん…あなたはどう思いますか?

 

 

スポンサーリンク

誹謗中傷も覚悟して望んだファイナルローズセレモニー

スタジオでナイナイの矢部さんが、

萌子さんはウソがつけなかった、
 今後いろんなことを言われるとわかったうえで、覚悟してあの答えを出した

と話していましたが、まさにそのとおりだと思いました。

今回の結果を賛成の人もいれば、
納得いかない人もいると思います。

 

そうなると、SNSを使って
どんな反応があるか…覚悟していたと思います。

SNS

けれど、これまで見てきた福田萌子さんの誠実さ・正直さを思えば、
納得の決断にも思えてきました。

 

でも、冷静に考えると
この結末は本当のリアルな恋愛が出ていたと思いませんか。

『誰も選ばない』を予想していた声も多かったため、

そんなひどい反応も???できれば少なく…と思います。

私の方が放送終了後、ドキドキしてツイッターを見ていました。

 

福田萌子さんは本当に誠実な方です。

配信を観た後に時間が経つと、
今回の『バチェロレッテ・ジャパン』は
本当におもしろかった!と思いました。

 

最後まで読んで頂き、ありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください