誰でも悩みはあります。
悩みのない人なんていません。

そんなとき、私はストレスが溜まってくると
無性にたくさん食べたくなります。

 

これは、不思議な状態でなんです。

が、まちがいなく太ります。

 

 

 

イライラした仕事帰りなんかは、
今の私は
『これを食べよう!』と思って買ったりしています。

 

特に直感だけで買っているため、何も気にしていません。

 

たくさんの量を買っては、
食べまくり状態のときもあります。

恥ずかしい話ですが…

 

 

でも、同じような行動をされている人もいると思うんです。

 

ストレスや不安を食べることで発散させること。

 

 

 

最近の人は働きすぎていて、
ストレスを感じていて、常に疲れ切っています。

ふと考えたのですが、
食べることで発散させる私のようなタイプは、
食べるものに気をつけたりすることで、
違う利点もあるかもしれない?

 

 

 

とはいえ食べるものを変えるだけで

少しは気分がよくなる食べもの??が、
あるのでしょうか?

 

 

 

 

スポンサーリンク

ストレスや不安を感じるとき

うつなどを治したり、
症状に直接効くような魔法の食べ物はないけれど、

気分の改善に役立つことができる食べ物を
選ぶことはできるはずです。

 

とくに私もよく食べるのですが、
女性が好む野菜やフルーツ、100%の全粒穀物、
ナッツやシード類、無糖の乳製品を摂取することは、

 

生化学的に多くの点においてメリットがあるそうなんです。

 

 

2019年に医学ジャーナル
『サイコソマティック・メディシン』で発表された、
大規模なランダム化比較試験のメタアナリシスでは、
健康的な食事を続けることで
不安障害に関連のある抑うつ症状が
大幅に改善されることが分かったという

引用元:ヤフーニュースより

 

 

 

 

おいしくて、栄養がたっぷりで、
安全な食品を食べたいなら、
これらのフードを取り入れてみるべきですね。

 

 

また、毎日の食事の摂り方で
消化器官の能力を
最大限引き出すことができるかもしれないということも
言えるようなんです。

 

 

さらには食べものの選び方で、
メンタルヘルスの改善にも繋がる可能性があるようです。

 

 

スポンサーリンク




改善に役立つ食材は?

私が食べたくなるようなもので、これはどうなの?
という食材のことを少し調べてみました。

 

1.ダークチョコレート

疲れたら”チョコレートが欲しくなる”
よく聞きませんか?!
 
 
 

最近のチョコレートの中には、
疲れやストレスを軽減するなんて
ストレートに書いてあるのも見かけます。

 
 
 
 
 

これは、ほんとなのでしょうか?

チョコレートを食べる
 
 
 
チョコレートの中でも、ダークチョコレートです。

 
 
 
 

ある研究の調査では、
定期的にダークチョコレートを摂取した人は
うつの症状が確認される確率が低かったらしい…

 

はっきりは、断定できませんが、

 

 

毎日少しのダークチョコレートを取り入れるのは
悪いことではなさそう!な気もします。

 

 

2.プレーンギリシャヨーグルト

ヨーグルトは、毎朝と言っていいほど食べています。
 
 
 
時々ですが、
甘~いヨーグルトや、ビックサイズのものを
買いたくなるときがあります。
 
 
 

逆に考えると、この行動は
疲れている?ストレスがある?
から買ってしまうかもしれませんね。

 
 
 
 
 
 

朝食時に食べているヨーグルトは、
プレーンヨーグルトです。
時々、蜂蜜をかけたりはします。

 
 
 

このプレーンヨーグルトは良いようで、
体に重要なミネラルやプロバイオティクスを
摂取することができます。

ということは、
食べることでストレス症状を和らげ、
気分を安定させてくれるのです。

選ぶ際は無糖のプレーンタイプで、
最低でも5つの生きた培養菌を含むものを探すと
◎だといわれています。

 

ヨーグルトが欲しくなったときは、
デザート感覚の甘いヨーグルトを買ってしまいがちですが、

こうなったら、無糖のプレーンタイプを
大量に食べることをするようにします。💦

 

 

3.キウイ

フルーツは、大好きです。
スーパーで見かけるカットフルーツのパック売り。

 

 

ひとりで贅沢に食べて、
気分転換だ!なんて気持ちになったりします。

しかし、フルーツはカロリーも高く
食べ過ぎはきになりますよね。

そのフルーツの中でも、
キウイを食べることは

ビタミンC とE、そして葉酸の組み合わせが
慢性炎症を引き起こす酸化ストレスを
軽減することが分かっています。

 

 
さらにこれらはセロトニンの生成も促すという。

 

神経伝達物質であるセロトニンは、
健全で幸福な精神状態に関連があると言われているようです。

 

 

 

 

食べるものを変えるだけで改善される

本当のことを言うと、
スナック菓子やケーキ、菓子パンなど
カロリーなんか気にせずに買って
ストレスを発散させたりしたいと思ってしまいます。

ガツガツ!バクバク!食べるんだ!!
発散できそうです。
ピザをいっぱい食べる

ですが、私も年齢的にも若くはないので、
食べる行動で、体に影響が出てきます。

 

 

たとえば、胃がもたれやすい
すぐに顔に吹き出ものがでるなど…

 

 

 

 

それならば、いっそ食べても効果がある食材や
栄養価がある食材を意識して選んで食べる方が
いいと思いました。

 

 

そんなこと言ったって…

 

 

イライラしていたり、不安になっていたら
そんなこと考える余裕もないかもしれません。

一番いいのは、不安やストレスが、
日頃から少ない生活をして過ごすことがいいですよね。

 

正しい生活習慣で、健康でいることが
大切です。

 

しかし、生きている以上は
上手にストレスと付き合う方が気持ちがラクでいられます。

 

 

 

私は、イライラしたりストレスを感じたら、
ダークチョコレートを口に入れることにします。

身近なところに置いておこうと思いました。

 

 

 

 

 

スポンサーリンク

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください